動画素材を簡単に合成する方法

動画素材を簡単に合成する方法は、動画編集ソフトを利用することです。一般的に、動画素材と言うのは色々なものを指す言葉として使われます。例えば、音声も動画素材の1つですし画像に関しても動画素材の1つとして利用することが出来ます。これらを組み合わせることによって、より優秀な動画を作成していくことが出来るようになります。

一般的に、こういった動画編集を行っていくときには、専門の動画編集ソフトを利用します。編集ソフトを使う場合には、タイムラインというものが存在しますので、どの時間帯にどの動画素材を利用するかで素材の活かし方が異なってくるわけです。

この時に、複数のタイムラインを利用して別々の動画素材を設定していけば、簡単に合成することが出来るようになります。特に、最新の編集ソフトはどのような形で合成を行っていくのかということを決めることが出来ます。仮に、用意した画像に対してテキストを挿入したいと考えているときには、そのテキストの上にきちんとテキストが表示されるように工夫をしなくてはいけません。素材と合成したとしても、二つの物が主張し合わないと良い動画を作ることが出来ます。このときには、タイムラインを利用してお互いが強調できるように工夫をする必要があります。ただ、画像や動画に対してテキストを挿入するくらいならば、通常の編集ソフトならば簡単にできます。

編集ソフトは、簡単に述べると階層のようなものが存在します。一枚一枚別々の階層が存在していて、そこを透明なシートを利用して表示していくような感覚です。そのため、テキストを挿入する際にはその範囲を指定することが出来ますし、当該部分だけを都合よく透過させて綺麗に見せることが出来ます。これは、他の動画や画像で合っても同じです。お互いに邪魔にならないように範囲指定をして編集していけば、動画素材を簡単に合成できます。動画編集ソフトは感覚的に利用できるものも多いため、初心者でも安心です。